ボランティア活動

 博物館は、多様な機能を担っていますが、職員だけではなかなか実施できない事業もたくさんあります。地道な資料整理や調査など、博物館は様々な分野でボランティアの方々の協力を得ています。

五稜郭支援学校ボランティア

 五稜郭支援学校のご協力により、館報サラニップ、市立函館博物館研究紀要を電子化していただきました。電子化された情報は、ホームページで順次公開しています。資料の電子化のほかにも、館内の清掃や資料整理などにご協力いただいています。

バイダルカ(カヤック)の清拭作業
バイダルカ(カヤック)の清拭作業

古文書調査講座

 当館では単講座と通年講座を行っています。通年講座のひとつに「古文書調査講座」があり、これは古文書について教える講座ではなく、未整理の資料を整理する講座で、ボランティア活動に準じています。平成12年からはじめて約6000点を整理しました。解読作業は基本的に参加者が興味を持ったものを行い、約1300点を解読しました。古文書調査講座で得られた成果は、当館の研究紀要に発表しています。
 講座で整理している資料は、商家に残された明治から昭和初期の資料で、そこには商業活動や家族関係の日常が記録されています。平成25年にはこの講座の成果として企画展「函館商人の人生模様」を開催しました。

研究紀要で紹介された成果報告
・保科智治「資料紹介  館蔵「西澤弥兵衛関係文書」の紹介」(13号)
・熊谷與志子「研究ノート 明治期函館商業史の一考察-西澤弥兵衛関係文書の紹介を中心に-」(13号)
・山口精次「酒谷小三郎の画業」(15号)
・熊谷與志子「明治期における婚姻形態について―商人西澤弥兵衛を事例に―」(16号) 
・駒井麗子「択捉漁業と駒井漁場」(17号)
・山口精次「橋立出身忠谷・田端家の函館に於ける商業活動」(20号)
・吉田忠博「函館の建築物の変遷について―大正初期撮影「函館全景」写真内の建築物を中心に―」(21号)
・保科智治「資料紹介  館蔵「酒谷家資料」の紹介」(22号)
・山口精次「酒谷商店が建設した本道初のガソリンスタンド」(23号)
・山口精次「「酒谷家資料」から読み解く北前船主チガイヤマサ酒谷家の諸様相」(24号)

解読作業の様子
解読作業の様子