平成27年度特別展 千島樺太交換条約とアイヌ


概要

展覧会名平成27年度特別展 千島樺太交換条約とアイヌ
開催日時2015年7月11日(土)~8月30日(日)
開催場所市立函館博物館第1展示室
休館日7月20日を除く毎週月曜日、7月21日(火)
観覧料一般400円、大学・高校生200円、中・小学生100円
 ・10名以上の団体は団体割引(2割引)適用。
 ・函館市に住所を有する、または市内の学校に在学する小・中学生は無料。
 ・函館市に住所を有する65歳以上の方は200円。
 ・函館市に住所を有する障がいのある方は無料。
 ・一般社団法人函館国際観光コンベンション協会発行「函館文化・観光施設特典パスポート」持参者は団体割引適用。
 ・その他無料・減免適用あり。


内容

「国家に翻弄された先住民族の運命」

 1875(明治8)年に日本とロシアの間で締結された千島樺太交換条約は、千島と樺太における日露の国境を画定しただけでなく、樺太や千島に居住していたアイヌの強制移住や本格的な同化政策の端緒となり、その後の民族文化に大きな影響を与えることになりました。

 本特別展は、同条約締結の過程で収集された千島やカムチャツカの先住民族関連資料や、条約締結後に明治政府による同化政策を強いられた樺太アイヌ・千島アイヌ関連資料などの展示をとおして、近代国家形成の波に飲み込まれていった先住民族の運命に正面から向き合うものです。


 【関連事業】
 ・展示解説セミナー
 ・講演会「時旅-写真で辿る千島アイヌの歩み」
 ・旧函館博物館一号・二号案内

H27特別展チラシ

tenki

千島アイヌの民具「テンキ」