収蔵資料展 渡る鳥渡らない鳥


概要

展覧会名収蔵資料展 渡る鳥渡らない鳥
開催日時2019年10月8日(火)~
開催場所市立函館博物館 第2展示室
休館日毎週月曜日、祝日・年末年始ほか 詳しくは、ホームページの開館日カレンダーをご覧ください。
観覧料一般100円、大学生以下50円 ※日曜日の観覧は無料(企画展開催中は、企画展観覧料となります。)
詳しくは博物館にお問い合わせください。
・10名以上の団体は団体料金(2割引)。
・函館市に居住か市内の学校に在学する小・中学生は無料。
・函館市に住所を有する65歳以上の方は半額。
・函館市に住所を有する障がいのある方は無料。
・一般社団法人函館国際観光コンベンション協会発行「函館文化・観光施設特典パスポート」持参者は団体料金を適用。


内容

 野鳥には「渡る鳥」と「渡らない鳥」がいます。

 「渡る鳥」は、「渡り鳥」と呼ばれ、毎年、春と秋に繁殖地(卵を産み子育てをする場所)と越冬地(冬を越す場所)の間を移動し、夏鳥、冬鳥、旅鳥、迷鳥、漂鳥がいます。北海道では70パーセントがこれにあたります。

「渡らない鳥」は「留鳥」と呼ばれ、1年中同じ場所に留まり、繁殖も越冬もする鳥です。

 しかし最近、「留鳥」と呼ばれていたシジュウカラも渡りをすることが分かってきました。今回の展示では、当館所蔵の鳥類剥製を季節ごとに展示し、「渡る鳥」「渡らない鳥」について展示紹介します。