収蔵資料展 函博シェル・コレクション展


概要

展覧会名収蔵資料展 函博シェル・コレクション展
開催日時2019年10月7日(木)~
開催場所市立函館博物館 第2展示室
休館日毎週月曜日、祝日・年末年始ほか。 詳しくは、ホームページの開館日カレンダーをご覧ください。
観覧料一般100円、大学生以下50円 ※日曜日の観覧は無料(企画展開催中は、企画展観覧料となります。)
詳しくは博物館にお問い合わせください。
・10名以上の団体は団体料金(2割引)。
・函館市に居住か市内の学校に在学する小・中学生は無料。
・函館市に住所を有する65歳以上の方は半額。
・函館市に住所を有する障がいのある方は無料。
・一般社団法人函館国際観光コンベンション協会発行「函館文化・観光施設特典パスポート」持参者は団体料金を適用。


内容

市立函館博物館の貝類資料は、約2,000件、4,000点となっています。
古くは、1879年(明治12)開場の開拓使函館支庁仮博物場時代の資料などを収蔵し、なかには大森貝塚の発見者エドワード・S・モースが寄贈した貝類も含まれています。その他にも、日本初の貝類博物館を設立した平瀬與一郎の貝類、北の貝類研究の先駆者である高川金次収集の高川コレクションなども所蔵しています。
今回は、これらの新旧の収蔵貝類コレクションのなかから、約280点を展示・公開します。